-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| スポンサー広告 | TOP
2010-05-01 (Sat)
20100501.jpg

お弁当によく登場するツナ巻き。
作るの簡単だし、一口大で食べやすいし、大好評です♪



さて・・・本題です。


負のエネルギーってすごいですよね。
私は胸がモヤモヤしてきます。
笑顔になんかなれません。
とても疲れるし、どよ~んとしてきます。



自分の胸がモヤモヤしてきたら、どうする?


私は誰かにぶつけることは極力避けます。
負のエネルギーって伝染しやすいから、
自分で終わりにしなきゃと思うんです。


負を伝染してしまったら、
その人はまた誰かに負を伝染してしまうかもしれません。
だから、自分で終わらせたほうがいいと思います。


それに伝染させてしまうと、必ず自分に返ってきます。
おもしろいことに「負」も「正」も、自分に返ってきます。


それなら、断然「正」でしょう!


「負」のエネルギーだらけの人で、
幸せそうな人は見たことありません。
幸せになるなら断然「正」でしょう!


ではどうやって終わらせる?


「負」を吐き出すイメージをしながら、深呼吸。
口から黒~いモヤモヤをイメージしながら、深呼吸。
「正」を吸い込むイメージをしながら、深呼吸。
自然のエネルギーを吸い込むように、深呼吸。
自分の頭の上に「元気玉」(by ドラゴンボール)をイメージして、
その元気玉を吸収するように、深呼吸。


・・・んだよ。
深呼吸だけかよ!


そです。
私はこの方法が一番好きです。


感情のコントロールができなくなったとき、
自分が「負」に染まってきたとき、
疲れたとき、などなど・・・よい処方箋です。


簡単すぎ???


nikoc.gif子育ての知恵が満載のチルドレン大学はコチラ

PR:深呼吸で幸運を引き寄せる!

スポンサーサイト
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(0) | TB(0) | TOP
2010-05-01 (Sat)
20100430.jpg

先日、DWEのイベント「ファン・ウィズ・ザップ」に行って来ました。
子供が大きくなるにつれDWEの教材のよさを噛みしめています。

20100430_a.jpg

天使くんはとてもリーダーシップある行動がとれ、
ぐいぐい人を引っ張っていきます。
率先してみんなのお手本となろうとし、
それを行動で見せていきます。


私はそんな天使くんをとても魅力的な人だと思い、
そして、心から誇りに思っています。


しかし、天使くんの行動はとても目立ちます。
そして、それを煙たがる人もいます。


「わがまま」「すぐ人の邪魔をする」
「順番を守らない」「空気が読めない」


不思議ですよね。
長所に見えていたことが、短所になってしまうなんて。
周囲の評価ひとつで真逆になってしまうなんて。


人の見方はさまざまですね。


長所が短所?
短所が長所?
その箇所がどっちかになるのは見る人次第。


長所に見えないのがおかしい?
短所に見えないほうがおかしい?
・・・私は正解も不正解もないと思います。
物事には良い見方と悪い見方ができるものだから。
当たり前のことだと思います。


だから、その箇所を短所と決め付けて、
矯正し続けることはとても無駄なことだし、
親子関係はよくはならないよね。


子供が「伸び伸びと育つよう」にサポートしていくことが最善であって、
人格のこの部分は良いけどこの部分はダメと、
レッテルを貼ることはどうでもいいことじゃない?


「It's OK to be different!」


プリスクールのユニホームに書かれている言葉です。
「みんな違ってみんないい」です。


集団生活に入ると、みんなと同じに行動しなくてはいけない場面が多く、
ついつい同じにしなくてもいいことまで、
同じにしなくてはとなってしまいますよね。
そして、出たクイは打たれることも・・・


でも、みんな同じなんてありえない!

「It's OK to be different!」


その精神での保育はほんとにすばらしく、
天使くんが天使くんでいられる場所がプリスクールにもあって、
親以外の人に「あなたはあなたでいいんだ」と言ってもらえることが、
子供にとって、どれだけのチカラになっていることか。
親子にとって、どれだけのチカラになっていることか。


今日の私は熱いですか?


resc.gifチルドレン大学へのお問い合わせはメールフォームからどうぞ

PR:笑顔になれる子育て

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(0) | TB(0) | TOP
2010-03-02 (Tue)
20100301.jpg

子育てって、嫌でも自分と向き合わなきゃいけなくなるよね。
子は親の鏡っていうじゃない?
自分がやったことが正確に返ってくる。
発信源は自分だから、嫌でも自分と戦わなきゃいけなくて、
天使くんたちに鍛えられてるって毎日思う。


私は子供が自分を鍛えてくれて、人格を磨く手伝いをしてくれると思ってる。
人格を磨くことがイコール自分の幸せに繋がってるから、子育てに熱がはいるのかな。
いいものを発して、いいものを引き寄せて、心が豊かな人になりたい。
自分にとって子供が神秘的な存在だから、そう思うようになったのかもしれない。


そんな神に近い存在の天使くんたちに接していると、
自分の未熟さが浮き彫りになる。
なんて自分はちっぽけなんだろうと、思い知らされる。


正直、認めたくない。
目を背けたくなる。
逃げ出したくなる。
叫びたくなる。


でも、そう思うと同時に、
これを乗り越えたら確実にステップアップすることも感じる。
・・・但し痛みを伴うのだ・・・


どうして痛みを感じるんだろう。
今まで曲がらなかった関節を曲げていくかのような痛みを。
未熟な分痛いのだろうか?
一気にやろうとするから痛いのかもしれない。


まずは少しずつ。
少しずつなら続けられる。
続けなくては変わらない。
続けなくては意味がない。
自分が変われば取り巻く環境は変化する。


nikoc.gif子育ての知恵が満載のチルドレン大学はコチラ

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(4) | TB(0) | TOP
2010-02-27 (Sat)
2010227.jpg

今日はパパが子供たちを連れて実家へ遊びに行っています。


年末から子供たちが体調を崩しっぱなしだったので、
お義母さんとパパが私の身体を気遣ってくれ、
この日を作ってくれました。


ありがたや・・・


しかも、ちび天使くんまで連れてってくれたのです!
ふたりを任せるのは初めてだったので、ちょっとびっくりしましたが、
あーだこうだ言っているほど、私の気力がなかったのであっさり承諾。


でも・・・ミルクやオムツ・・・大丈夫かな?
ざっと説明したけど、ぐちゃぐちゃ言ってるより実践だよね。
まぁ、パパ流でやっちくれぃ!
おさるになってきた天使たちを任せたぞぉ!


さぁ・・・ぽつんと部屋の中・・・。


いきなりこういう日ができると何をしていいのか分からない。
無意味に部屋の中をうろうろしてみる。
ん~・・・いつも立ってばっかだから、
座ってじっくり何かをするなんて、なんだか落ちつかないわ。


子供たちがいるときは頭が回転しまくって、アドレナリンが放出しているせいか、
「あれもやりたいのに、これもやりたいのに、もぉ~!」って、
思うけど、実際短時間でやれることってあれもこれも無いのねw


なんかほっとしすぎて眠くなる・・・
あ、でもこれでいいのかも。
ぼーっとする時間、脳みそをOFFにする時間、妄想の時間。
そういう時間でいいのかも。


・・・と言いつつもブログ更新しているというw



はぁ。それにしても幸せだ。


家があって。
食べるものがあって。
夫がいて。
ふたりの子供がいて。
不自由なく暮らしていけることに感謝しなきゃね。
日々当たり前に思っていることに感謝しなくては。


こういう時間で改めて気づくことってあるよね。
ココロを洗って充電充電♪
上手にコントロールしていこう。


resc.gifチルドレン大学へのお問い合わせはメールフォームからどうぞ

PR:笑顔になれる子育て
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(0) | TB(0) | TOP
2010-02-22 (Mon)
2010222.jpg

天使くんはどうやら私の愛情が不足しているようです。
最近、私の言うことに対してだけ、強い反発をみせるようになりました。


何か悪いことをして注意しても「わからん!」と・・・
やたらと「わからん!」と言うようになったのです。
絶対に分かるような内容でも。
悔し泣きも多くなったように感じます。


「愛情がほしい」というメッセージだとすぐに分かりました。
でも、愛情がないんじゃないのに・・・


ちび天使くんが先に寝てしまったので、
久しぶりに天使くんと二人だけで寝転んで絵本を読みました。


そのときの天使くんの嬉しそうな顔。
布団の中においでおいでするなんて初めてのことでした。
いつもよりたくさんハグしてくるし、
いつもよりたくさん絵本も持ってきます。


天使くんはこういう時間が欲しかったのか・・・


そう思ったとき、自分の幼少時代を思い出しました。
「親が愛情がないわけないでしょ。」というアンテナをはっていた母。
子供の私には理解できませんでした。


ただ、抱きしめてほしい。
ただ、怒らないでほしい。
ただ、笑顔でいてほしい。
ただ、一緒の時間を過ごしたい。


子供の頃そう思っていました。
ただ、それだけでいいのに・・・と。
たったそれだけのことで、愛情を感じることができる。


注意するときも、手を握ったり、となりに座ったり、ひざに乗せて話をすると、
角が立たず子供も素直に聞けたりできますよね。
思えばちび天使くんへのスキンシップに比べて、ぐっと少ないように感じます。


これでは信頼関係は築けない。
とても寂しい思いをさせていたと思います。


このSOSが最後のような気がする。
今まで毎日SOSを送っていたことに気づかなかった。
母のように思っていて、何をしていいか分かっていなかった。
きっとずっとずっと前から送ってたんだろうな。


もっともっとスキンシップしよう。
もっともっと抱っこしよう。
ごめんね。



P.S.
実は高熱の後、ほかの病院で肺炎が発覚し、15日から入院していました。
咳をしなくても肺炎になるんだねぇ・・・


nikoc.gif子育ての知恵が満載のチルドレン大学はコチラ

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(2) | TB(0) | TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。