-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| スポンサー広告 | TOP
2009-06-21 (Sun)
20090612b.jpg

今日のコンテンツ
「Vol. 65: BROAD EDUCATION 5」でした。



・・・涙が出ました。

マミ~さんの言葉に張り詰めていたものが緩んで、
体の中から毒素が出た感じがします。



最近の私はガミガミばばあでした。

食事の支度をしようとしているときに限って、
天使くんがお菓子の戸棚を指差して「OK ? OK ?」と言い、
私は「もうすぐ夕飯だよ。」と言います。


ここからがバトルです。


天使:「じゃあ、ご飯いらん!」

ママ:「ご飯食べない子にはお菓子もあげないよ。」

天使:「ご飯いらん!」

ママ:「ママほんとに作らないよ?いいの?」

天使:「いい!」

ママ:「OK!」


でも、天使くんには意味が分かっていないようで、
「スナック~!ご飯いらぁ~ん!」と叫んで大泣きしまくり。
私は「ご飯食べない子にはお菓子はないよ。」と、同じ言葉を繰り返すだけ。
最近はイライラして感情的になっていたから、
言い方も「だからさっきも言ったじゃん!」と荒々しかった。


そして、天使くんが選んだようにご飯を作らないときもありました。
ここで出してしまったら矛盾が生じると思ったからです。


この状況は珍しくもなんともない、よくある光景だと思います。
そうは思っても、どこか「いじめてる感」が拭えずしっくりこない、
「これって虐待?」と、自分の中で声がする。
でも、ほかの方法なんて思いつかない。
きっとやり方が合ってないんだと感じていた矢先の、今日のコンテンツでした。


・・・助かった・・・
手が出なくてよかった・・・
怖かった・・・


やり方を変えてみよう。
パターンを見直そう。



nikoc.gif子育ての知恵が満載のチルドレン大学はコチラ

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| チルドレン大学の学び | COM(2) | TB(0) | TOP







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。