-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| スポンサー広告 | TOP
2010-02-09 (Tue)
20100206.jpg

私は子供を教育するほど、自分が成長していないと思っています。


「教育する」ということが、子供をリードするというイメージを持っているせいでしょうか。
日々、子供に教えられることが多く、反省してばかりなせいでしょうか。
「子供を教育する」ということがピンときません。



「こんな子になってほしい。」
「あんなことができるようになってほしい。」
そう思って接していません。
その子らしく、のびのび育ってほしいとは思いますが。



今やっている英語も話せるようになってほしいというよりは、
「英語」というツールを通じて子供と楽しみたい。
子供と多くを共感したい。
そういう気持ちがダントツに強い。
私自身英語を習得したいと思っているので、勉強はしていますが。



子供は親の背中を見て育つ


・・・と私は思います。
なので、自分自身を教育し直しているところ。
子供の目はごまかしは効かないので、真剣勝負です。
そのせいもあり、子供の教育まで手が回っていないのかも?
自分の教育はほんと大変。
癖が強くて参ります。


ということで、私の教育というのは「自分自身の教育」なのです。


子育てって自分自身との戦いだと思っています。
嫌でも自分と向き合わないといけない場面が多い。
子供は親の映し鏡ともいいますよね。
うそはつけません・・・


そして、自分を取り巻く環境が変わっていくのを実感すると、
ステップアップできたんだと気づきます。
また、寄ってくる人も情報も変わってきます。
これはほんとに不思議です。


だから、自分磨きはやめられない。



nikoc.gif子育ての知恵が満載のチルドレン大学はコチラ

PR:親の教育、人間の教育

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| チルドレン大学の学び | COM(0) | TB(0) | TOP







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。