-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| スポンサー広告 | TOP
2010-05-01 (Sat)
20100430.jpg

先日、DWEのイベント「ファン・ウィズ・ザップ」に行って来ました。
子供が大きくなるにつれDWEの教材のよさを噛みしめています。

20100430_a.jpg

天使くんはとてもリーダーシップある行動がとれ、
ぐいぐい人を引っ張っていきます。
率先してみんなのお手本となろうとし、
それを行動で見せていきます。


私はそんな天使くんをとても魅力的な人だと思い、
そして、心から誇りに思っています。


しかし、天使くんの行動はとても目立ちます。
そして、それを煙たがる人もいます。


「わがまま」「すぐ人の邪魔をする」
「順番を守らない」「空気が読めない」


不思議ですよね。
長所に見えていたことが、短所になってしまうなんて。
周囲の評価ひとつで真逆になってしまうなんて。


人の見方はさまざまですね。


長所が短所?
短所が長所?
その箇所がどっちかになるのは見る人次第。


長所に見えないのがおかしい?
短所に見えないほうがおかしい?
・・・私は正解も不正解もないと思います。
物事には良い見方と悪い見方ができるものだから。
当たり前のことだと思います。


だから、その箇所を短所と決め付けて、
矯正し続けることはとても無駄なことだし、
親子関係はよくはならないよね。


子供が「伸び伸びと育つよう」にサポートしていくことが最善であって、
人格のこの部分は良いけどこの部分はダメと、
レッテルを貼ることはどうでもいいことじゃない?


「It's OK to be different!」


プリスクールのユニホームに書かれている言葉です。
「みんな違ってみんないい」です。


集団生活に入ると、みんなと同じに行動しなくてはいけない場面が多く、
ついつい同じにしなくてもいいことまで、
同じにしなくてはとなってしまいますよね。
そして、出たクイは打たれることも・・・


でも、みんな同じなんてありえない!

「It's OK to be different!」


その精神での保育はほんとにすばらしく、
天使くんが天使くんでいられる場所がプリスクールにもあって、
親以外の人に「あなたはあなたでいいんだ」と言ってもらえることが、
子供にとって、どれだけのチカラになっていることか。
親子にとって、どれだけのチカラになっていることか。


今日の私は熱いですか?


resc.gifチルドレン大学へのお問い合わせはメールフォームからどうぞ

PR:笑顔になれる子育て

tag : 英才教育 ディズニー 英語 モンテッソーリ
| etc・・・ | COM(0) | TB(0) | TOP







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。